ラフあだち充

12
掲載誌
週刊少年サンデー
連載期間
1987年17号~1989年40号
出版社
小学館
ジャンル
スポーツ
巻数
11~20巻完結
この漫画の名言数 1
ラフ

この漫画の名言一覧

  • ラフ・あだち充
    うらやましいのォ、若いモンは。
    ふってもふられても、何度も夏はくる。
    熱い季節がのォ。

    by大場のじいさん/ラフ第12巻より引用

この漫画のココが面白い!レビューと豆知識

高校の競泳界を描いた青春漫画


栄泉高校の水泳部に所属する、競泳選手の大和圭介と飛び込み選手の二ノ宮亜美。
二人の実家はそれぞれ、和菓子屋であり、おじいちゃんの代からのライバル同士でした。

最初はいがみあっていた圭介と亜美ですが、水泳部でのさまざまな出来事や、
他のライバルたちとの出会いを経て、次第にお互いに好意を持つようになります。

圭介と亜美、そして亜美が兄のように慕っている幼なじみの兄貴的存在・仲西弘樹を交えて、
恋の三角関係はどうなってしまうのでしょうか…!?

あだち充作品のなかでも、意外にファンが多い作品


野球漫画の印象が強いあだち充先生の作品ですが、この『ラフ』では競泳がテーマになっています。
1987年から週刊少年サンデーで連載されていたので、
若い人にとっては「読んだことがない」漫画かもしれません。

ですが、それで見逃してしまうのがもったいないくらいの、まばゆい青春と恋愛が描かれた名作です。
この作品を、あだち充の漫画のなかでもナンバーワンだという人も少なくないのだとか。

あだち充の作品らしく、ユニークでまっすぐなキャラクターがたくさん登場するところも魅力です。
最初は嫌いあっていた主人公とヒロインが、徐々にお互いを意識していく様子は
思わずこちらもドキドキしてしまいます!

三角関係を描いているのに爽やか!読みやすさも抜群!


2006年には、速水もこみち・長澤まさみで実写映画化もされました。
コミックスは全部で12巻なので、すぐに読み進められることができるうえに、
何度でも読み返したくなる魅力にあふれています。

とにかくさわやかで、「こんな青春を送ってみたかった!」と言いたくなってしまうような漫画です。

ただ今、学生時代の真っ最中だという人はもちろん、学生時代に部活に打ち込んだという人にとっても、
懐かしく当時が思い出せる作品かもしれません。

恋の三角関係にしても、ドロドロとした描写がなく、どちらかというとサラリとした読後感が残ります。
それでいて胸がツンとくるような切なさもある、まさに名作中の名作!
少年漫画ファンなら読み逃してはいけない漫画です。

この漫画を見た、アナタにおすすめの漫画