賭博黙示録カイジ福本伸行

13
掲載誌
週刊ヤングマガジン
連載期間
1996年11号~1999年36号
出版社
講談社
ジャンル
ギャンブル
巻数
11~20巻完結
この漫画の名言数 1
賭博黙示録カイジ

この漫画の名言一覧

  • 賭博黙示録カイジ・福本伸行
    堂々といけっ…!やばい時ほど堂々と…

    byカイジ/賭博黙示録カイジ第5巻より引用

この漫画のココが面白い!レビューと豆知識

生か死か!? 命を懸けた壮絶なギャンブル漫画!


「アカギ」や「銀と金」といった様々なギャンブルマンガを手掛けており、
その道では並ぶものがない福本伸行による作品。

もはや語るまでもないほどに有名なネタ「ざわざわ」が話題となっていますよね。
自堕落なあまりに借金まみれになってしまった主人公カイジが、
一発逆転をかけて様々なギャンブルに挑んでいくストーリーです。

本作は、とにかく人間の汚い面や欲深い面、
そして醜悪な面などの負の要素を徹底的に突き詰めた物語が魅力。

本作は数作品にまたがって語られていく中での第1章と第2章にあたる作品です。
『賭博黙示録』における衝撃的なラストシーンに驚かされたファンも多いことでしょう。

俳優・藤原竜也主演で実写映画化され異例の大ヒット!


本作は実写映画化もされており、主演は藤原竜也。
彼の鬼気迫る演技によって本作の人気は爆発的に伸びていき、
マンガ原作の実写映画としては異例の大ヒットを記録しました。

ストーリーもうまく集約されているので、まずは触れてみたいという方にもおススメですよ。
ちなみに友情出演として松山ケンイチも登場するので、
こちらも併せてチェックしておきたいところ。

もちろん、コアな原作ファンでも非常に楽しめるものになっています。

ドーパミンが大噴射!人生を狂わすギャンブルの数々!


本作ではジャンケンや命を懸けた鉄骨渡り、
そしてEカードなどの様々なゲームが繰り広げられていきます。
その中で暴かれていく人間の本性はおぞましく、そしてまた醜悪なものばかり。
そういった悪辣な人間の性を前にして、自らの機転とひらめきで修羅場を潜り抜けていく
カイジの活躍は必見です!

最大の見どころは命を懸けた鉄骨渡り。
多くの参加者が転落死していく中で、カイジの度胸と覚悟が描かれていきます。

ちなみに、どす黒い人間たちばかりの中でふとした瞬間に
一部キャラクターが見せる優しさや思いやりなど、
人間の心には希望もあるのだと思わせてくれるシチュエーション演出も素晴らしいですよ。

この漫画を見た、アナタにおすすめの漫画