男子高校生の日常山内泰延

7
掲載誌
ガンガンONLINE
連載期間
2009年5月21日~2012年9月27日
出版社
スクウェア・エニックス
ジャンル
ギャグ
巻数
1~10巻完結
この漫画の名言数 1
男子高校生の日常

この漫画の名言一覧

  • 男子高校生の日常・山内泰延
    今日は……
    風が騒がしいな……

    byヒデノリ/男子高校生の日常第1巻より引用

この漫画のココが面白い!レビューと豆知識

シュール系ギャグ漫画の新たなかたちがここに!


TVアニメ化もされるなど、
一部コアなファンに熱狂的な人気を誇っているシュール学園コメディです。
絵のクオリティは決して高いわけではありませんし、
ストーリー性に富んでいるという訳でもありません。

ただ、なぜか思わず「クスッ」となってしまう、
そんな不思議な魅力が詰まった作品と言えるでしょう。
いろいろな意味で異例尽くしの作品となっており、
主人公であるはずのタダクニはまったく目立たちません。

むしろ準主役級であるはずのヒデノリ、ヨシタケや
生徒会の面々の出番の方が多かったり、
女性キャラクターのほとんどが顔不明となっているなど、
その特異性が際立った作品となっています。

ストーリーの内容はタイトル通り!『男子高校生の日常』


ストーリーの多くは実際の高校生たちが経験するような
日常の何気ない内容のやりとりとなっています。
そういった、あえて劇的な展開のないストーリーが支持され、
男性キャラしかメインで登場しないにもかかわらず、
男性からの人気が非常に高い作品です。

ちなみにベストエピソードは、
男子高校生ヒデノリと文学少女やっさんが織りなす中二語りと逃走劇です。
もはやヒデノリ自身も最終的にはなぜ逃げなくてはならないのか
理解できない状況に陥っていますが、
複数回を通して描かれる彼らの物語は必見ですよ!

また、ヒデノリの過去に深く関係する謎のヒーロー、
ラバーシューターをめぐる真実も衝撃的です。

単行本巻末に掲載されている『女子高生は異常』にも注目!


同時収録されていたのが、世界観を共有している女子高生たちを主人公とした物語です。
本編が平凡な男子高校生の日常をまさにそのタイトル通りに描いた作品だとすれば、
こちらは異常な女子高生たちの生態が描かれていると言えます。

男子高校生たちを恐怖のどん底に叩き落とすかつてのいじめっ娘・灰原と、
彼女と行動を共にするふたりの女子高生を中心とした暴走ギャグとなっており、
こちらも萌え要素のようなかわいらしい部分はありません。
ただひたすらに笑いとボケをとめどなく提供し続ける、隠れた名作です!

この漫画を見た、アナタにおすすめの漫画