パラダイス キス矢沢あい

5
掲載誌
Zipper
連載期間
1999年5月号~2003年5月号
出版社
祥伝社
ジャンル
青春
巻数
1~10巻完結
この漫画の名言数 7
paradisekiss

この漫画の名言一覧

  • パラダイス キス・矢沢あい
    自分の可能性を信じなきゃ 何も始まらないよ なんとかなる

    by小泉譲二/パラダイス キス第5巻より引用

  • パラダイス キス・矢沢あい
    どうするかは自分で決めろよ  おまえの人生なんだから
    たとえおまえが地獄に堕ちようと おれは一切責任持てないしな

    by小泉譲二/パラダイス キス第2巻より引用

  • パラダイス キス・矢沢あい
    美しい装いは、人に勇気や自信を与えるわ 
    あたしはそう信じてジョージと服を作り続けて来た
    あなたにも、魔法がかかったかしら

    byイザベラ/パラダイス キス第4巻より引用

  • パラダイス キス・矢沢あい
    なんでそんな変な意地張るんだ
    誰だって自分の意志に完璧な自信なんてないんだから

    by徳森浩行/パラダイス キス第3巻より引用

  • パラダイス キス・矢沢あい
    バカにしないでよ!
    あたしは自分の意志でちゃんと行動してるし
    自分のした事の責任ぐらい自分で取れるもん!

    by早坂紫/パラダイス キス第2巻より引用

  • パラダイス キス・矢沢あい
    おれたちゃ遊びでミシン踏んでるわけじゃねぇんだよ!
    大学受験がそんなに偉いんか!

    by永瀬嵐/パラダイス キス第1巻より引用

  • パラダイス キス・矢沢あい
    おまえが昨日の夜
    自分がモデルになる事より
    おれと寝る方が大事だって考えたなら
    ふざけた女だと思っただけだよ

    by小泉譲二/パラダイス キス第3巻より引用

この漫画のココが面白い!レビューと豆知識

母親から言われるがままに生きてきた主人公・紫の成長物語


有名進学校に通うマジメな優等生、早坂紫(ゆかり)。
親の言うとおりに生きている自分に疑問を感じつつも、毎日勉強を続けていた紫でしたが、
突然街でショーモデルとしてスカウトされてしまいます。

スカウトをしてきたのは、矢沢芸術学院の生徒たち。見た目はパンク少年・嵐を始め、
キュートな愛されキャラ・実和子、女装がライフスタイルとなっているイザベラ、
そしてデザイナー志望の才能あふれる青年・小泉譲二(ジョージ)。

最初は偏見丸出しで彼らに接する紫でしたが、自分とは違う世界に生きる彼らのひたむきさ、
夢への純粋な気持ちに心を打たれていき…。

ファッションセンスが特に素晴らしい、矢沢あい作品


『天使なんかじゃない』『NANA』などでもお馴染みの矢沢あい先生のヒットコミックです。
少女漫画誌『りぼん』で連載されていた『ご近所物語』の続編として誕生しました。

コミックには珍しく、ファッション誌の『Zipper』に連載されていたことでも有名です。
矢沢あいの魅力のひとつは、なんといってもキャラクターのファッションセンスの高さ!
そのためか、日本だけでなく海外でも人気が高いそうです。

アニメ化と映画化がされた作品であり、アニメでは主役の紫を
現役モデルの山田優が演じたことでも話題となりました。
また、映画では紫役は北川景子、ジョージ役には向井理を迎え、華やかなキャストが勢揃い!
こちらも大変注目されましたね。

恋愛・友情、そして将来のことについて悩む登場人物たち


成熟しているつもりでも、まだ子供っぽい考えで行動するところがある紫と、
何を考えているのかわからないような天才肌で現実離れした性格のジョージの恋は、
漫画とは思えないリアルな言葉のやりとりも多く、恋をすることのほろ苦さも感じられます。

また、進路を巡って避け続けていた母親と初めて向き合えた紫の心情には、
思春期の頃を思い出して懐かしくなってしまいます。

恋愛コミックとしてだけでなく、夢を追いかけ続けることの大事さ。
そして、友情のあたたかみも描かれており、
ひとつひとつのセリフが眩しく、心に残る作品でもあります。

この漫画を見た、アナタにおすすめの漫画