AKIRA大友克洋

6
掲載誌
週刊ヤングマガジン
連載期間
1982年~1990年
出版社
講談社
ジャンル
SF
巻数
1~10巻完結
この漫画の名言数 1
AKIRA

この漫画の名言一覧

  • AKIRA・大友克洋
    ヨタヨタのジャンキーどもになめられてたまるかよ
    俺達ァ健康優良不良少年だぜ

    by金田正太郎/AKIRA第1巻より引用

この漫画のココが面白い!レビューと豆知識

漫画新時代をを築いた歴史的傑作!


アニメ・漫画ファンで知らない人はいないというほどの伝説的傑作。
日本を代表する漫画家・アニメ監督である大友克洋の代表作として知られる
SFバトルアクションの金字塔です。

1982年から1990年にかけて発表された作品で、
新しい漫画のかたちを具体化した作品としても高い評価を受けています。

たとえば吹き飛ばされ、壁に叩きつけられた際の破壊演出や超能力描写など、
この作品をきっかけとして漫画やアニメの主流となった表現も多いです。
1988年には劇場アニメ化もされるなど、様々なメディアで展開されました。

壮大な近未来ストーリーは圧巻の一言!


主人公の金田と、超能力に覚醒した鉄雄、そして強大な超能力を有している
アキラなどのキャラクターが織りなす壮大な近未来超能力バトルアクションとなっています。
退廃的な近未来の日本を舞台としたストーリーは非常に緻密に構成されており、
背景描写などの描き込みは圧巻の一言!

第三次世界大戦後というシビアな世界設定も手伝って、
非常にものものしい雰囲気となっています。
それに加えて、超能力を用いたハードで残虐なバトルシーンは必見!

また、主人公の金田は超能力を持たず、知恵と勇気とずる賢さで
様々な困難を乗り越えていくため、超能力によって暴走していく
鉄雄との対比はとても興味深いものがありました。

その主人公の金田が持つ独特なデザインのバイクに憧れた少年は
多いのではないでしょうか。

ちなみに手塚治虫は本作を見て強烈なライバル心を燃やしたとも言われており、
この作品の評価がいかに高いかを物語っています。

ジャパニメーションとしての評価


劇場版アニメのクオリティも極めて高く、「ジャパニメーション」という言葉が
日本で流行し出すきっかけとなった作品です。

同じくジャパニメーションの筆頭として知られる
押井守監督作品「攻殻機動隊」と並び日本のアニメにおける最高峰として、
多くのファンから愛され続けています。

この漫画を見た、アナタにおすすめの漫画