ひかりのまち浅野いにお

1
掲載誌
サンデーGX
連載期間
2004年~2005年
出版社
小学館
ジャンル
人間ドラマ
巻数
1~10巻完結
この漫画の名言数 6
ひかりのまち

この漫画の名言一覧

  • ひかりのまち・浅野いにお
    せめてこんな朝は今日一日の幸せを祈ろうじゃないか。

    byタイキ/ひかりのまち第1巻より引用

  • ひかりのまち・浅野いにお
    バスが走ってる限り、僕はどこにだって行けるんだ。

    byタスク/ひかりのまち第1巻より引用

  • ひかりのまち・浅野いにお
    UFOさんが教えてくれたの。

    by東さん/ひかりのまち第1巻より引用

  • ひかりのまち・浅野いにお
    さよちゃん知ってる? マヨネーズの口って星の形してるんだよ。

    by野津くん/ひかりのまち第1巻より引用

  • ひかりのまち・浅野いにお
    生まれては死に、死んでは生まれ。意味がねぇ。全然、意味がねぇ。

    byタイキ/ひかりのまち第1巻より引用

  • ひかりのまち・浅野いにお
    これから長い長い旅が始まるんだから…ニャンニャン♪

    byネコ/ひかりのまち第1巻より引用

この漫画のココが面白い!レビューと豆知識

漫画のタイトルにもなっている、
「ひかりのまち」と呼ばれている新興住宅地で繰り広げられる群像劇です。

人間の悲しさやズルさ、ささいなすれ違いから起きてしまった
悲劇などのエピソードが特に印象に残るでしょう。

登場人物が死んでしまうシーンも多く、読後感は重めです。
ですが、失敗したり、大切な人を喪失した後でも人はやり直せる。
希望をまた持つことができるというメッセージも込められているように思いますので、
読む人によって得られるメッセージも変わってきそうです。
重めの展開もありますが、
ロマンチックな話やハッピーなエピソードも挿入されるので、
そこで改めてほっとできるかもしれません。

全1巻・短編集なので、浅野いにおの漫画をあまり読んだことがない人でも、
比較的手に取りやすいかと思います。
作者のデビュー作品でもある前作『素晴らしい世界』より内容が濃く、
ヘビーになっている一方で、
まさに「浅野いにおワールド」を堪能できる作品でもあります!

この漫画を見た、アナタにおすすめの漫画