G戦場ヘヴンズドア日本橋ヨヲコ

3
掲載誌
月刊IKKI
連載期間
2000年11月~2003年6月
出版社
小学館
ジャンル
人間ドラマ
巻数
1~10巻完結
この漫画の名言数 10
G戦場ヘヴンズドア

この漫画の名言一覧

  • G戦場ヘヴンズドア・日本橋ヨヲコ
    「見てしまう」という魅力は、
    技術や理屈さえも凌駕するな。

    by阿久田鉄人/G戦場ヘヴンズドア第2巻より引用

  • G戦場ヘヴンズドア・日本橋ヨヲコ
    気がきくってのはなあ、想像力なんだよ想像力!!
    わかるか愛だよ愛!!
    こなしてんじゃねーぞこのデブが!!

    by滝沢/G戦場ヘヴンズドア第2巻より引用

  • G戦場ヘヴンズドア・日本橋ヨヲコ
    大丈夫、生きていればいつからだってやり直せるわ。

    by堺田母/G戦場ヘヴンズドア第2巻より引用

  • G戦場ヘヴンズドア・日本橋ヨヲコ
    どうせなら、名ワキ役になろうぜ?

    by阿久田鉄人/G戦場ヘヴンズドア第3巻より引用

  • G戦場ヘヴンズドア・日本橋ヨヲコ
    オレを震えさせてくれるのなら、
    この世界で、一緒に汚れてやる。

    by堺田町蔵/G戦場ヘヴンズドア第1巻より引用

  • G戦場ヘヴンズドア・日本橋ヨヲコ
    …声出しゃ、
    意外と見つけてもらえるもんなんだよな

    by堺田町蔵/G戦場ヘヴンズドア第3巻より引用

  • G戦場ヘヴンズドア・日本橋ヨヲコ
    あなたの描くうそは誰かが払ってでも
    騙されたいものかしら?

    by猪熊宗一郎/G戦場ヘヴンズドア第2巻より引用

  • G戦場ヘヴンズドア・日本橋ヨヲコ
    見ろよこの青い空白い雲。そして楽しい学校生活。
    どれもこれも君の野望をゆっくりと爽やかに
    打ち砕いてくれることだろう。

    by阿久田鉄人/G戦場ヘヴンズドア第1巻より引用

  • G戦場ヘヴンズドア・日本橋ヨヲコ
    本当に面白いものが描けた時は、
    うぬぼれじゃなくわかるものよ。

    by梨井裕美子/G戦場ヘヴンズドア第3巻より引用

  • G戦場ヘヴンズドア・日本橋ヨヲコ
    どこかに旅行したところで、答えなんかないですよ。

    by長谷川鉄男/G戦場ヘヴンズドア第3巻より引用

この漫画のココが面白い!レビューと豆知識

“漫画”にコンプレックスを持つ高校生たちの成長物語


高校生の堺田町蔵は、売れっ子漫画家を父に持つコンプレックスまみれの青年。
父親に認めてほしいという気持ちから、自分でも小説を執筆したりもしてみますが、
父にはその内容を一笑に付されてしまい、親の愛人に手を出してうっぷんを晴らす日々。

そして、高校生・長谷川鉄男は漫画家を目指す高校生。
母子家庭で貧しい生活を送りながらも、新人賞に応募し続けています。
そんな二人が出会い、二人は自分の才能と漫画に対して改めて向き合うこととなって…。

名言も多い、青春コミック!


『G戦場ヘヴンズドア』は、『月刊IKKI』という雑誌で2000年から
約3年間連載されていたコミックスです、作者は日本橋ヨヲコ。
二人の高校生を主人公にして商業漫画の世界を戦場として描き、
“戦友”として走り抜こうとする彼らの姿を描きました。
偉大な漫画家の父と編集者の父、それぞれの影響を引きずりながら悩み、
成長していく彼らの姿は必見です。

線の描き方やセリフまわしに特徴があり、作品中に「名言」が多いことでも知られています。
他の代表作には『プラスチック解体高校』『少女ファイト』などがあり、表面上は冷めていても、
心のなかは熱く煮えたぎっている少年少女たちが多く登場します。
その完成度から、コミックファンの心をひきつけて離しません。

漫画家志望の若者のバイブル的存在


優れた父親にコンプレックスを持つ町蔵。
お金のために漫画を描くことに抵抗を感じ、
「描きたいものがない」「描くことがない」気持ちが強い自分に
モチベーションが上がらない鉄男。

青春のまっただ中にいる彼らが、
苦しみながらも自分の生きる道を見つけていくという点において、
非常に優れた作品だと言えるでしょう。
最近では『バクマン。』のように漫画家志望の若者を主人公にした作品は多くありますが、
そのなかでも心理描写や内面描写に定評があるコミックでもあります。

この漫画を見た、アナタにおすすめの漫画