アイシールド21村田雄介

37
掲載誌
週刊少年ジャンプ
連載期間
1987年~1991年
出版社
集英社
ジャンル
スポーツ
巻数
31~40巻完結
この漫画の名言数 8
アイシールド21

この漫画の名言一覧

  • アイシールド21・村田雄介
    自分の力で神様に打ち勝ってやる!!

    by瀧夏彦/アイシールド21第19巻より引用

  • アイシールド21・村田雄介
    弟子入りするからには師匠が誇りたくなる弟子になれ!
    途中で逃げたらブッ殺すぞ!

    by小結大吉の父/アイシールド21第4巻より引用

  • アイシールド21・村田雄介
    試合前のこの感じいいよな
    なんかこう…血が冷たくなるっていうかさ

    by石丸哲生/アイシールド21第1巻より引用

  • アイシールド21・村田雄介
    正体はただのパシリで、初心者のインチキ・ヒーローだけど…
    やれるだけやってみます!

    by小早川瀬那/アイシールド21第2巻より引用

  • アイシールド21・村田雄介
    負けっぱなしは趣味じゃねんだ!

    by十文字一輝/アイシールド21第5巻より引用

  • アイシールド21・村田雄介
    本能的に自分を捨てる ボールの為に

    by甲斐谷陸/アイシールド21第16巻より引用

  • アイシールド21・村田雄介
    敵に合わせても遅せえ
    作戦は先読みした方が勝つ!

    by蛭魔妖一/アイシールド21第4巻より引用

  • アイシールド21・村田雄介
    敵に合わせて闘え
    作戦は後だししたほうが勝つ

    by葉柱ルイ/アイシールド21第4巻より引用

この漫画のココが面白い!レビューと豆知識

気弱な青年がアメフトを通じて成長していく、青春スポーツ漫画


私立泥門(でいもん)高校に通う小早川瀬那は、いつも自信なさげで気が弱い男の子。
そんな彼が、不思議なめぐり合わせでアメフト部「泥門デビルバッツ」に主務として入部することに。
しかし、気弱な彼にもひとつだけ取り柄がありました。それは、「足が速い」こと。

それをアメフト部の主将であるヒル魔に目撃され、強制的に選手として参加することに…!
そんな彼の登録名こそ、「アイシールド21」。

彼らはさまざまなライバルと闘いながら、全国大会決勝を目指して歩み続けるのですが、
その道は決して平坦なものではなかったのです。

作画は『ワンパンマン』でもお馴染みの村田雄介


『アイシールド21』は、2002年から09年まで『週刊少年ジャンプ』で連載された人気漫画です。
原作は稲垣理一郎、作画を担当したのは村田雄介。
村田雄介は、現在『ワンパンマン』を連載中で、こちらも注目を集めている作品です。
2005年から2008年にかけて、アニメ化もなされました。

瀬那とユニークな仲間たちに注目!


このコミックの魅力を上げるとしたら、「完成度の高い作画」
「専門知識がなくても楽しめるスポーツ要素」
「ユニークなキャラクター」などが代表的なところではないでしょうか。

気弱で情けないところを見せてばかりの性格だった瀬那は、
緑色のアイシールドで顔を隠して試合に出て、活躍を重ねていきます。
当初はヒル魔に引きずられるように試合に出場していましたが、
徐々に自分でももっと強くなりたいと願うようになり、
自ら努力して成長していくようになる姿には、きっと心が打たれるはず。

そしてこの作品の裏主人公とも言われている蛭魔妖一の存在も忘れてはいけません。
その悪魔のような所業から、高校の中でも恐れられている存在ですが、
実は誰よりも「勝ちたい」という気持ちを持つ男です。

それ以外にもまんまるな体型が愛らしい栗田良寛、
猿のようなルックスで周囲をかき乱すこともある雷門太郎など、楽しいキャラクターが多く登場。
アメフトの知識がなくても、充分に楽しめる漫画です!

この漫画を見た、アナタにおすすめの漫画