ホットロード紡木たく

4
掲載誌
別冊マーガレット
連載期間
1986年1月号~1987年5月号
出版社
集英社
ジャンル
青春
巻数
1~10巻完結
この漫画の名言数 10
ホットロード

この漫画の名言一覧

  • ホットロード・紡木たく
    今まで息をしてたのに急にしなくなるとか
    ひと なぐったら かんたんに骨がおれるとか
    血が…体ん中にどのくらいあんのかも
    そんなの…
    ほんとに自分の目で見てみなくちゃ わかんない

    by和希/ホットロード第3巻より引用

  • ホットロード・紡木たく
    オレがいなきゃなんにもできねーよーな女んなるな
    俺のことなんかいつでも捨てれる女んなれ
    そんでも俺が追っかけてくよーな女になれ

    by春山/ホットロード第4巻より引用

  • ホットロード・紡木たく
    自分が誰かに大切にされているんだってことを
    本当に知っていたら自分の命を粗末になんか
    決してできないはずだよ

    by鈴木君/ホットロード第4巻より引用

  • ホットロード・紡木たく
    きょーから「不良」になってやるっ

    by和希/ホットロード第1巻より引用

  • ホットロード・紡木たく
    「わかんなくなる一瞬」があって
    あたしそれを何度も何度もみた

    by和希/ホットロード第3巻より引用

  • ホットロード・紡木たく
    …もしかしたら
    彼らにとって一番こわいのは
    とめられない自分なのかもしれない…

    by鈴木君/ホットロード第3巻より引用

  • ホットロード・紡木たく
    たとえあの娘の父親が生きていなくても
    もしも親同志が心から愛しあっていれば
    子供は自然に人を愛することや愛されることの
    大切さを知るのかもしれない…

    byママ/ホットロード第4巻より引用

  • ホットロード・紡木たく
    もしかしたら一生のうちで
    なにも見えないで走ってしまう時は
    ほんの一瞬かもしれない

    by鈴木君/ホットロード第3巻より引用

  • ホットロード・紡木たく
    ほんとにもどってきてほしかったら
    ほんとにそーだったら
    ぶったたいてでもひきずってでも
    そーいえばいんだよ

    by和希/ホットロード第4巻より引用

  • ホットロード・紡木たく
    自分の体は自分しか守れない

    by和希/ホットロード第4巻より引用

この漫画のココが面白い!レビューと豆知識

愛の意味を知らぬまま、暴走族にのめりこんでいく少女の姿を描いた青春漫画


宮市和希、14歳。
彼女は、親に愛されないで育った子供。
母親の誕生日、彼女はこう宣言します。不良になる、と…。

そして髪の毛を染め、万引きに手を出し、家出を繰り返し、学校にも行かなくなります。
そんな和希を魅了したものは、暴走族の世界。
暴走族にのめりこんでいく和希に声をかけたのは、同じく暴走族の春山洋志。

最初は反目していた二人ですが、次第に惹かれあうようになり、同棲をスタートさせます。
しかし、暴走族同士の抗争に巻き込まれ、春山は交通事故にあってしまい―…!

今もなお、多くのファンを獲得している伝説の作品


『別冊マーガレット』に、1986年から連載されていた伝説の少女コミックです。
巻数も単行本にして4巻、かなり昔の作品でありながら、
今もなお漫画ファンに愛されている作品だと言われています。
作者は紡木たく。

孤独を抱えた少女の陰を描かせたら右に出るものはいない漫画家であり、
他に代表作として『瞬きもせず』があります。

『ホットロード』は、2014年に映画公開が予定されている作品でもあります。
主演は『あまちゃん』でもお馴染みの能年玲奈。今までに何度も映画化を打診された作者が、
「能年玲奈ならいい」と許可を出したとされる注目作です。
今までに映像化されていなかったコミックなだけに、
高く期待されています。

衝撃的なラストを、決して見逃さないで!


今では、見かける機会も減った暴走族。
ですが、この漫画の中に描かれたような寂しい少年少女たちは、
現代においても存在することでしょう。

親に愛されていると感じられない、家にも学校にも居場所がない。
単車で駆け抜けている時にしか、生きているという「リアル感」を感じられない…。
そんな若者たちの姿をしっかりと描いた、群像劇でもあります。

ラストでは、暴走族の頭になるも抗争の末、トラックにはねられてしまう春山。
そんな現実を、和希はどう受け止めるのでしょうか!?
衝撃的なラスト、必読です。

この漫画を見た、アナタにおすすめの漫画